賃貸住宅の種類|エリアごとに違う不動産の特徴|安く物件を借りる方法

エリアごとに違う不動産の特徴|安く物件を借りる方法

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅の種類

アパート

住宅販売や賃貸契約の仲介を行う不動産会社では、様々な物件が取り扱われています。例えば、賃貸マンション一つとってもその中身は大きく変化してくるでしょう。マンションは部屋数や駐車場の有無、オートロックかどうかなど様々な要因で家賃が変化します。一人暮らしなどで家賃を抑えたい場合などは、こういった細かい点を妥協せずに選ぶことが大切です。一人暮らしで賃貸マンションを借りる上では間取りの選び方が1つの重要な点になります。ワンルーム、1K、1DKといった間取りが一般的に選ばれる傾向にありますが、これらの違いは基本的にはキッチンのあり方によるものです。キッチンが寝室とつながっている場合にはワンルーム、独立していて狭い場合には1K、キッチンが広くなると1DKとなります。そのため、自炊をどの程度するかによって決めるというのが一般的です。 この間取りの分類を見て判断してしまう際に気をつけなければならないのは、同じ面積であれば1Kや1DKよりもワンルームの方が広く部屋を使えるという点です。扉によって家具等の置き場所に制限を受けないからです。キッチンが寝室から離れていて1Kや1DKから扉を取り除いたような物件もあり、そういったものの方が使い勝手は良い場合もあるのです。

賃貸業界においてはワンルームと1Kの相場はそれほど変わりませんが、1Kの方が若干家賃が高い傾向にあります。1DKともなると同じ面積ならワンルームより高いのが一般的であり、賃貸マンション探しで安く済ませたいならワンルームに軍配が上がることが多いのです。 そのため、キッチンが独立していることにこだわりがないのならワンルームを選ぶと得をします。しかし、料理を本格的に行う人には独立させたい気持ちも大きいでしょう。その方法として、吊るしカーテンやスリットカーテンをつけて仕切りを作ってしまうことができます。不動産情報を確認する際には、このように「ちょっとした内装変更で快適になる」ことを考慮して選ぶことも大切です。部屋の広さなどを確認して、手が加えられ沿いであればワンルームにする、などの思い切りも重要となるでしょう。